就職問題の最近のブログ記事

既卒の新卒扱い、大手で広がる=トヨタ、武田など来春採用から―主流は「3年以内」

 大学の既卒者(大学院修了含む)を新卒扱いで採用する動きが広がっている。トヨタ自動車や武田薬品工業など多くの大手企業が2012年春入社の採用活動で、募集対象を同年春の卒業見込み者だけでなく、卒業後3年以内の人にまで拡大する。既卒者にもっと門戸を開くよう求める政府の要請に応えるとともに、これにより「多様かつ優秀な人材を確保する」(高島屋)のが狙いだ。
 今春卒業予定の大学生の就職内定率は過去最悪となる見通し。こうした状況を踏まえ、政府は昨年、新卒者雇用に関する緊急対策を決定。雇用対策法に基づく「青少年雇用機会確保指針」を改正し、大学などを卒業後少なくとも3年間は新卒として採用に応募できるよう企業側に求めた。

学生の就職内定率が低下し、将来を不安に感じる学生や既卒になってしまい苦悩する人は、一種の安堵を得たかもしれない。

しかし、それは思い違いである。このように大手が「既卒を新卒扱い」で受け入れることが、学生に複数回のチャンスをもたらすわけではない。では、何が変わるのか。