3/15日経平均終値8,605.15(前日比-1,015.34)

| コメント(0)

前場終了直後に、管直人首相が記者会見で「さらなる放射性物質漏えいの危険が高まっている」として、半径20キロメートルから30キロメートルの範囲の住民の屋内避難を指示したしたのを受け、先物市場で11:08と11:25に2回サーキットブレーカーが発動されるほどの下げ圧力がかかった。

一種のパニック売りで、日経平均先物は13時前には前日比1,660円安の7,800円まで下げた。裁定取引に伴う現物株売りから日経平均も急落し、13時過ぎにこの日の安値となる8227.63円を付けた。

東京電力は2日連続でストップ安@1,221で大引け比例配分。

 

(Souce:日本経済新聞マネー・ベーシック:東日本巨大地震 マーケット特集 「日本売り」は止まるのか=川路洋助(11/3/15)

コメントする

OpenID等によりサインインすることによりコメントが即時承認されます。