「企業財務会計士」で始動か

| コメント(0)

ソースが明らかではありませんが、1月21日に「公認会計士制度に関する懇親会」最終回が開かれ、昨年8月に中間報告が公表された同時に募集したパブリックコメントを反映した公認会計士法改正の法案骨子が決定されるそうです。

「財務会計士」という名称が、仮でありながら、既に定着した感を持っておりましたが、最終的に「企業財務会計士」に修正されるようです。「企業財務会計士」の業務は「財務書類の調整、財務に関する調査立案相談、監査業務補助」と定義し、日本会計士協会正会員、CPE義務を課すようです。

その他には、「上場会社への会計専門家の活用促進」「実務経験年数2年から3年へ」を盛り込まれるようです。

反対意見が多いとされてきた財務会計士ですが、個人的には賛成であり、よりよい制度に向けて改善されていくことを望みます。

(Source: 「公認会計士制度に関する懇談会」最終回1月21日開催!

コメントする

OpenID等によりサインインすることによりコメントが即時承認されます。