2004年9月アーカイブ

プロ野球スト後の歓声

| コメント(0)

先週末のプロ野球のストは経済損失約40億円という。しかしスト明けの球場は朝から長蛇の列に、超満員(20万6500人)。経営陣の無能さを批判し、ファンは選手会を支持し、選手会もファンを意識したサービスをもってもてなす。まさに、日々進化するエンターテイメント。大きな危機感は、大きなイノベーション(革新)を生み出す。

はてさて、しかし、ここまでが総てシナリオどおりの出来レースだったりして・・・。なんていう皮肉な視点が見えてきた今日この頃。

今回の件、ステークスホルダーはいうと、一般的な見方はやはり、ファンであり、将来の野球界ということになりそうである。少し視点をずらしてみると、経営者でありそうである。

経営者側は無能を演じ、悪役を演じる。裏では、ライブドアが買収を打診していることが利用され、楽天には甘い誘いをかける。やはり経営陣の悪役ぶり継続。合併による中途半端な球団数。選手会が声をあげ始める。テレビが面白がって取り上げる。スト決行。ファンサービス向上。

ライブドアの買収打診を経営陣は知っていたであろう。ダイエーが球団を売却できないことも知っていただろう。テレビが週に何十時間もニュースで野球の話題を取り上げるということの宣伝効果は絶大。テレビ局も野球人気が向上すれば、スポンサーがつくからある意味ステイクスホルダーであるし、球団系列のテレビ局からすれば晩万歳であるだろう。

総てが経営陣のシナリオ通りだったとしたら、無能に見える経営陣はむしろ・・・。なんて事もないか(笑)